遺品整理した物はどうなるのか?

遺品整理された様々なもの、その一つ一つはどのように処分されるのでしょうか。価値のあるものなどの引き取りは?

[+IMAGEALT+]

遺品整理した物はどうなるのか?

遺品整理を業者がする場合に貴重品として仕分けするものがありますね。

今回は【遺品整理した物はどうなるのか?】について掘り起こしてみましょう。

▼思い出の品や貴重品は遺族に渡される。

契約書・証券類・クレジットカード・銀行の通帳・印鑑・写真・アルバム・貴金属や遺族が指定したものは残されます。

確認して不要だと判断したら廃棄してもらえます。

遺品整理専門業者は遺品として残しておくべき品を選別する知識があります。

▼不要品の回収

利用しなくなった不要品でも使えるものがあれば、リサイクルして有効活用してくれます。

家具・雑貨・古紙・古布・衣類・家具などは海外のボランティア団体に寄贈する業者もあります。

ステンレス・アルミ・鍋・鉄くずはリサイクル中間業者に処分を依頼することもあります。

OA機器や粗大ゴミや家電製品は遺族が処分する場合にも手間がかかります。

冷蔵庫など家電リサイクル法の対象である4品目も回収して、リサイクルに回してくれます。

▼買取はしてくれるの?

貴金属・家電製品は買い取りをしてくれてリサイクル業者と提携していたりします。

対象品としては、骨とう品・楽器・着物・貴金属・家電製品など。

埃や汚れを取りのぞいておくと買取金額もアップするかもしれません。

家電製品は製造年月が新しいと買取してくれやすいです。

中古品を回収するには「古物商免許」が必要。

業者が資格を持っているのかどうかも確認しておくといいでしょう。

無許可で取扱するのは禁止になっていますからね。