生前整理と遺品整理業者について

遺品整理をテーマにした映画で注目されてきた仕事が「遺品整理業者」です。テレビでも取り上げられることが多くなりました。

[+IMAGEALT+]

生前整理と遺品整理業者について

高齢者の意識が高まってきており、自分が死亡したあとのことを考えて、生前整理をする人が増えています。

エンディングノートもそのひとつですよね。

今回は【生前整理と遺品整理業者】についてお話します。

▼生前整理とは何?

生前整理は、自分が元気に動ける間に周囲の生活物を整理しておくことを言います。

死亡する場合は突然に起こることが多いです。

残された遺品を一挙に整理するのは、とても大変な労力になります。

お子さまや遺品整理業者には分からないものでも、自分ならば分かります。

遺品としての仕分けの基準もあると思います。

長期間使っていないものは廃棄してもいいですね。

物置や使っていない部屋に置いているものから処分することから生前整理を始めるといいでしょう。

▼遺品整理業者とはどんな人なの?

生前整理ができていないと困るし、遺族ができない場合は、故人が生前利用していた品を整理して処分してくれる業者に依頼します。

この業者が遺品整理業者です。

きちんとしたエチケットやマナーがないと遺族に対し失礼になります。

便利屋さんに依頼するのではないわけです。

事務的に片付け作業をするよりも供養に気持ちが必要です。

価値があるものは適正に査定しなければなりません。

捨てるものと残すものを単純に仕分けすればいいのではありません。

遺品整理をテーマにした映画で一躍注目されてきた仕事が「遺品整理業者」です。

テレビの特集番組のテーマでも取り上げられることが多くなりました。