遺品整理の現場が増えている現状について

知識をもっていない業者が遺品整理をすると、遺族から不満や不平がでてきます。それを防ぐために「遺品整理士」という資格が生まれました。

[+IMAGEALT+]

遺品整理の現場が増えている現状について

核家族化・高齢化によって、高齢者と同居することがすくなくなり、死亡した場合に遺品整理のニーズがでてきています。

この記事では【遺品整理の現場が増えていることと遺品整理士とは】について解説します。

▼遺品整理の現場が増えていること。

ライフスタイルも違いますから、高齢になったとしても同居よりも別居を選ぶお年寄りが多くなっています。

昭和時代のような大家族で生活するスタイルは極めて少ないです。

配偶者が先に旅立ってしまって、身寄りもなく一人暮らしを余儀なくされてしまう老夫婦もいるわけです。

周囲と交流することもなく孤独死をする高齢者が増えているのも高齢化の弊害でしょう。

身寄りがない高齢者が急死した場合は、行政や不動産業者が遺品整理業者へ遺品の片付けを依頼するケースも珍しくありません。

▼遺品整理士とは?

遺品整理と言っても簡単ではないです。

すべてゴミとして廃棄できないからです。

故人の思い出の品々なのです。

ゴミではなくて、遺族は丁寧に取扱してもらうことを希望します。

業者に依頼する場合は心遣いが欲しいですね。

廃棄する場合も法律の知識も必要でしょう。

スムーズに作業をする経験値やノウハウも必要。

高額な遺品は正当な価格で査定する眼力も要ります。

知識をもっていない業者が遺品整理をすると、遺族から不満や不平がでてきます。

▼詳しくはコチラ⇒http://www.sankei.com/affairs/news/141011/afr1410110038-n1.html

それを防ぐために「遺品整理士」という資格が生まれました。

正確な鑑識眼や対応力を持ったプロが認定するわけです。

遺品整理士認定協会が発行する資格です。