遺品整理はどのようにおこなわれるのか

遺品整理を依頼するなら時間があるならば複数の業者に相見積もりを取って比較することをオススメします。

[+IMAGEALT+]

遺品整理はどのようにおこなわれるのか

最近は遺族が故人の遺品整理ができず業者に依頼することも多いです。

今回は【遺品整理の流れ】についてまとめておきましょう。

▼訪問見積もり

まずはお部屋を訪問してもらいます。

片付け作業だけでなくて、想像のアドバイスや書類作成代行をしてくれる場合もあります。

時間があるならば複数の業者に相見積もりを取って比較することをオススメします。

見積もり以外の請求が発生するかどうかも確認しておくことも大事です。

見積もり段階で疑問点や悩んでいることを相談してみるといいです。

基本のサービスに入っていることもあります。

▼遺品の整理。

遺族が残しておきたいものがあれば伝えておきましょう。

大切なものは別に箱の入れて避けておくといいです。

金券や現金や貴重品・アルバム類は分別しやすいです。

身内でないと判断できないこともあります。

遺品整理当日は現場に立ち会うのが基本です。

業者が聞いてきたら判断できるようにしましょう。

どうしても遠方の場合は業者に任せるしかないです。

不要品でもリサイクルや買取ができるものがあれば仕分けして遺品整理費用に充当してくれる場合もあります。

▼供養・清掃・現金支払

遺品排出が完了したら、掃除機をかけて床を拭いたり簡単な清掃をしてくれたりします。

アルバム・人形などは供養してから処分してくれる業者もいます。

消臭・消毒など特殊清掃をする業者もあります。

金額の追加も確認しておきましょう。

作業が終わりしだい遺族が確認した後支払いになります。

現金支払い以外に、銀行振込やクレジットカードでも対応してくれるか事前に業者に確認しておくといいでしょう。